お風呂の水のトラブルに多いつまり

毎日安心して生活するために絶対に避けたいのが水のトラブルです。ここではお風呂のトラブルについて着目します。

■どうして浴槽がつまってしまうのか

浴室の排水口は髪の毛などが流れてしまうことが原因となって、つまりの水のトラブルが起こりやすいと言われています。市販されている薬剤を使って髪の毛を溶かすことでつまりのトラブルは回避できますが、使用上の注意を守らなければならないので気を使います。
また、流れたのが髪の毛なら問題はないものの、例えば小さなアクセサリーやおもちゃが途中で詰まっていて、そこに髪の毛が絡んでしまうと薬剤を使ったところでつまりの水のトラブルはなかなか解消されません。こうなると専門業者に依頼するしかなくなります。

■つまりが嫌な臭いの原因になることも

排水口から嫌な臭いがしたときは、何らかのトラブルが起きていると考えていいでしょう。髪の毛や皮脂の汚れ、石鹸カスなどがつまっていて、それが嫌な臭いを発していることがほとんどです。
薬剤でつまりを改善できればいいですが、臭いのトラブルが改善されないという場合は薬剤でも落としきれない何かが詰まっている可能性が高いので、放置して状況が悪化する前に水のトラブル専門の業者に状況を説明して、つまりのトラブルを解消してもらいましょう。



■まとめ
水のトラブルが起こることはある程度仕方がないことです。毎日の生活で気を付けるべきところは気を付けながら、もしもトラブルが起きたときは専門業者に連絡を入れるなどすぐ行動に移しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ